ポケットファンディングの評判【実際にやってみた・実績も公開】
基本情報
運営会社
ソーシャルバンクZAIZEN株式会社
本社所在地
沖縄県浦添市仲西3-15-5 財全GROUP・BLD
サービス開始時期
2017年8月~
利回り
6.0%~
最低投資額
1万円~
手数料
・入金時は投資家負担(振込手数料が無料の銀行から振り込めば無料です。)
・出金時は振込銀行によって変わります
公式サイト
PocketFunding

ポケットファンディングの評判

ポケットファンディングは2017年8月にソーシャルバンクZAIZEN株式会社がサービスを開始したソーシャルレンディングサービスです。

沖縄初のクラウドファンディングとなっており、案件は不動産、事業支援などがメインとなっています。

2018年9月現在サービスを開始して1年ちょっとのポケットファンディングですが、評判の方はどうなっているのか見ていきましょう。

利回りは比較的高め

目標利回りは7%前後の案件が多く、比較的高めです。特に高い利回りもなければ低い利回りもないので割と安定していると思います。

運用期間は1年以内が多い

募集されている案件の殆どが1年以内で、半年ほどの案件も結構あります。運用期間が短くなれば、利益は少なくなりますが、早く結果出ますので、投資しやすいかと思います。

早い分はまた投資すればいいだけですから。

貸し倒れ・延滞は?

ポケットファンディングは2018年9月現在サービスを開始して1年ちょっととあまり長くはありませんが、貸し倒れや延滞はまだ1件も起きていません。

公式サイトでは運用状況が公開されており、貸し倒れや延滞が起きていないことや、様々な金額を確認することができます。

こんな感じで様々な情報が公開されています。

振込手数料が高い

ポケットファンディングの出金手数料は以下のようになっており、結構高いです。

みずほ銀行の那覇支店の口座を持っている方であれば、出金時の振込手数料が無料で済みますが、他の支店になると3万円以上で432円、他の銀行になると756円も掛かるので、結構高いです。

みずほ銀行口座やその中でも支店が那覇市店の方は結構少ないと思いますので、出金時の手数料がかかる方が多いのではないでしょうか。

私はみずほ銀行の口座を所持していませんので、出金は756円かかることになります。投資できずに出金した場合はただ756円損することになるので、それだけは避けたいですね。

実際に利用してみた感想

特にこれというものはありませんでしたが、運用期間が短い案件が多いので、結果が出やすく初心者でも始めやすいかなあという印象を受けました。

ただ案件や案件の募集金額も多くはないので、なかなか投資しにくいのかなあと思いました。あとみずほ銀行以外の手数料が安くなるといいですね。

まだまだ新しいソーシャルレンディングサービスですが、累計応募成立金額も3億を超えており、貸し倒れや延滞もないので、順調に運営されているのだと思います。

人気で投資できない?

新規案件が登場したので、投資しようと思ったら投資できませんでした。17時開始の案件で、パソコンの前でスタンバイして申し込んでみたのですが、一歩遅かったみたいで申込んだら案件は終了して申し込めませんでした。

この間1・2分ほどの出来事ですが、投資案件の金額が150万ほどと少なかったことと、申し込み時間が公開されているので申込みが殺到したことが投資できなかった要因かと思います。

オーナーズブックでもそうでしたが、募集時間が公開されているところでは、申込みが殺到し、投資しにくいのかもしれませんね。

お金は振り込んでいますので、このまま出金だけしてしまうと756円損してしまうだけになってしまうので、何とか投資したいところです。ただチャンスはまだまだあると思いますので、時間があったときにでもまたチャレンジしてみたいと思います。

割と簡単に投資できた

前回チャレンジしたときはすぐに募集が終了してしまったのでなかなか投資できないのかと思いましたが、今回は割と簡単に投資できました。

今回は募集が始まってから数時間後でもまだ募集しており、全然スタンバイせずに数時間後に投資できました。

前回すぐに募集が終了した理由を考えてみましたが、前回は募集金額はかなり少なかったことが原因かと思います。

今回は募集金額も少なくなく4件の投資先があって余裕で投資できたので、やはり前回は募集金額が少なかったためすぐに募集が終了してしまったのだと思われます。

もともと案件はあまり多くはないほうですのでいつでも投資できる状況ではありませんが、オーナーズブックのように激戦区というわけでもなさそうですので、チャンスがあれば投資できる可能性は高いと思います。

■これまでの投資額:100,000円(2018年10月~)
■これまでの分配金:3,913円(2019年12月1日現在)
■公式サイト:PocketFunding

早期償還

2019年2月8日。早期返還のメールが届きました。

これで早期返還自体は3回目になりますが、ポケットファンディングでは初めてです。(これまではmaneoとトラストレンディング)

ソーシャルレンディング始めて思ったのですが、早期返還は思っていたより全然多いですね。

まあ別に悪いことではないので気にする必要はありませんが、滅多にないことかと思っていたので、少し意外でした。

口座開設に必要なものと参加条件

口座開設する前に参加条件と必要なものを確認しておきましょう。

と思ったのですが参加条件がサイトを見渡してみましたがちょっと見当たらず。まあ国内在住で20歳を超えていれば参加できると思います。

口座開設の最中にでも分かれば追記していこうと思います。

■追記

必要なものは本人確認書類とマイナンバーカードもしくはマイナンバー通知カードが必要です。

口座開設の流れ

ポケットファンディングの公式サイトに行ったら右上にある「新規口座開設」をクリックします。

仮会員登録のページに行くの必要事項を入力して、プライバシーポリシーを読んで同意できたらチェックを入れ「確認画面へ」をクリックします。

確認画面に行くので問題がなければ「送信」をクリックします。

すると仮登録が完了して、入力したメールアドレスにメールが届くので、「本会員登録URL」をクリックします。

ログイン画面に行くので、先ほど入力したIDとパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

するとマイページにログインできるので、「確認および同意事項」、「適合性確認」、「お客様情報」、「出金先金融機関」の4項目を完了させます。

4項目を完了させたら、「本人確認書類」の項目が登場するので、申請手続きをします。

本人確認書類の提出は「アップロードする方法」と「郵送する方法」があるので好きな方を選んでください。今回はアップロードする方法でやります。

アップロードするを選んだら、本人確認書類のアップロードと記載されているページに行くので、マイナンバーカードの画像をアップロードします。マイナンバー通知カードの場合は本人確認書類も必要になります。ファイルをアップロードしたら「ファイルを送信する」をクリックします。

「本人確認書類のアップロードが完了しました。」と出るので、「OK」をクリックします。

今後は簡易書留でハガキが届くようですので待ちます。

数日後。簡易書留でハガキが届きました。

ハガキに認証キーが記載されているので、マイページにログインして入力します。マイページにログインすると左に認証キーを入力するところがあるので、認証キーを入力して「送信」をクリックします。

これで口座開設完了です。あとには入金して投資するだけですので、入金していきたいと思います。

入金の流れ

振込の方法は銀行振り込みです。振込先はマイページの右側か、簡易書留で届いたハガキに記載されているので、そちらを確認してください。

本日は日曜日ですのでまた後日振り込んでみます。と思ったのですが現在投資する案件がないので、もう少し経って投資できる案件が出来たら入金したいと思います。

数週間後。新規案件が登場したので入金してみようと思います。振込の際は名義だけでなく、お客様番号も必要ですので注意しましょう。では振り込んでみました。現在は夜ですので、反映されるのを待ちます。

次の日の午前10時。ポケットファンディングから入金確認のお知らせというメールが届きました。

では確認したいと思います。

3万円振り込んでみました。あとは投資するだけですのでここで終わりです。

終わりの予定でしたが、ポケットファンディングでは「マスター口座」と「ファンド別口座」があり、投資するにはファンド別口座に移行する必要があるようです。では移行していきます。

移行のさせ方は簡単で、マスター口座残高の下にある「口座資金間移動」をクリックして、口座間で現金を移行させます。

ファンドタイプ別口座に3万円移行されました。移行はすぐに反映され、手数料もかかりません。

これで投資ができるようです。ではここで終わります。