定期預金は意味があるのか?もったいないと思うなら・・・

ある程度使う予定がないお金が出てくると、定期預金を考える方が多いと思いますが、正直定期預金する意味はあるのでしょうか。

昔は定期預金の金利もよかったですが、2019年現在はゆうちょ銀行で0.01%、一番金利が高いオリックス銀行でも0.25%とかなり低いです。(キャンペーンなどは除く、現在はオリックス銀行の金利は最高で0.35%となっています)

実際100万円を一年間オリックス銀行に定期預金したとしても2,500円しか増えず、税金を引かれしまえば1,992円しか残りません。

もうなんかバカらしいですよね。正直もったいないと思います。

ドラクエで言えばいつまでもスライムでレベル上げしてるような感じ。これでは全然経験値は貯まりません。

と言いつつも実は私もはじめは定期預金してたんです。でもすぐに辞めちゃいましたけど。

どうしてやめたかというと、投資知識がまったくない私でも出来そうな投資を見つけたからです。

皆さんは投資というとどのようなイメージをお持ちですか。おそらくこんなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

・ハイリスク、ハイリターン
・難しそう
・どうせ損する
・私とは縁のない世界

ねっ。少なくとも私は投資を始めるまではこのようなイメージを持っていました。

だからこそある程度余裕資金ができたときに定期預金を始めたのですが・・・

ただこのようなイメージは実はほとんど正解なのです。では皆さんは投資というとどのようなものを思い浮かべましたか。

おそらく・・・

・株
・FX
・ビットコイン

などではないでしょうか。投資にあまり触れたことがないような方だと、このぐらいの投資しか知らないと思います。

なぜこのような投資しか知らないかというと、このような投資はいくら儲けたとかいくら損したなどの金額が大きいため、話題やニュースになりやすいのです。

上記で挙げた投資であれば、先程挙げたイメージはほとんど間違ってないんですよね。

でも実はこの他にも投資はたくさんあり、ハイリスク・ハイリターンではなく、ミドルリスク・ミドルリターンと呼ばれている投資がたくさんあるのです。

ただこのような投資は知らない方が多く、話題になったりニュースになることもほとんどありません。

ではここでミドルリスク・ミドルリターンの投資をいくつか挙げてみます。

・iDeCo(イデコ)
・NISA、つみたてNISA
・投資信託
・ロボアドバイザー
・ソーシャルレンディング

いくつご存知でしたか。おそらく5つとも知っている方はもうすでに投資をかじったことがある方だと思います。

私の場合は少なくとも、投資を始める前は名前ぐらいは聞いたことがあるものの、一つとして詳しく知っている投資はありませんでした。

ここからはあくまで私の考えですが、ほとんど増えない定期預金にお金を預けているぐらいなら、リスクを背負ってでもこのような投資にチャレンジしたほうがいいのではないかということです。

私は2019年6月現在、iDeCo(イデコ)、ロボアドバイザー、ソーシャルレンディングで投資していますが、私が投資初心者におすすめしたい投資はソーシャルレンディングです。

なぜソーシャルレンディングをおすすめしたいかというと、他の投資はすべて長期運用(5年から20年程度)を見通してやるものなので、始めるのはなかなかハードルが高いのです。

それに比べてソーシャルレンディングは半年から2年程度で運用できるので、結果が出やすいです。

ではソーシャルレンディングとは一体どういう投資なのでしょうか。

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは融資型のクラウドファンディングのことをいいます。

クラウドファンディングとは「インターネット経由で不特定多数の人々から資金調達を行い、商品開発や事業などを達成する仕組み。」のことを言いますが、ソーシャルレンディングは融資型となっているので、投資するといってもあくまでも融資という形になります。

わかりやすく言うと銀行と同じようなもので、お金を貸してその時の金利で利益を出すというものです。

一般の方であれば銀行を同じようなことはできませんが、クラウドファンディングではそれができるのです。

ではなぜ、資金調達をしたい企業や事業は銀行でお金を借りないかというと、借りないというよりは借りれないというケースが多いです。

銀行で融資を受けるには審査が厳しいですから、まだできたばかりの中小企業やベンチャー企業などはお金を借りられないということもあります。

もちろんソーシャルレンディングだって誰でも簡単に資金調達できるわけではなく、ちゃんと審査を行って、担保を取っていることも多くあります。

ただ銀行に比べると審査は厳しくないので、クラウドファンディングを利用する企業も多いのです。

ではソーシャルレンディングはどのぐらい金利(利回り)が出るかというと、大体5~10%ほどです。定期預金がオリックス銀行で0.25%でしたので、かなり高いと思いませんか。

ただ、ソーシャルレンディングは投資ですのでリスクはあります。ではどんなリスクが有るかというと・・・

・貸し倒れのリスク
・延滞のリスク

があります。

貸し倒れとは、お金を借りた企業や事業者などが返済できなくなることをいい、貸し倒れが起きると投資した金額が全額戻ってこない可能性が出てきます。

どのぐらい投資額が返済されるかは、担保の有無や返済状況などで変わってくるのでわかりませんが、元本を割る可能性のあるので損する可能性があります。

もう一つの延滞とは、お金を借りた企業や事業者などが一時的に返済できなくなることをいい、返済が期日より滞ることをいいます。

返済が滞ると貸し倒れになるケースもあるので、リスクがあります。

このようにソーシャルレンディングにもリスクがありますが、貸し倒れや延滞というのはそんなに多く起こっているものではありません。

実際私が多くの金額を投資しているクラウドバンクでは、サービス開始から5年以上経っていますが、貸し倒れは一度も起こっておらず、延滞すらほとんど起きていません。

では、ソーシャルレンディングでリスクを減らすにはどうしたらいいかというと・・・

・分散投資をする

ということです。例えば100万円投資する場合、一つの案件に100万円投資するのではなく、10万円ずつ10個の案件に投資するということです。

もしひとつの案件に大きな額を投資して貸し倒れが起きてしまった場合、大きな損害を背負ってしまう可能性が出てきます。

そうならないためにも投資先を多くすることで、たとえどこかで貸し倒れが起きてしまっても、その損害額が小さければ他でカバーできる可能性も高くなるので、リスクを小さくすることができます。

では今回私が利用しておすすめだと思うソーシャルレンディングサービスを3つだけ紹介させてください。

クラウドバンク

クラウドバンクは先ほども出てきましたが、私が一番多く投資しているソーシャルレンディングサービスです。

特徴は・・・

・利回りが高め
・短期案件が多い
・投資できる案件が豊富

利回りは6~7%ほどの案件がほとんどで、利回りは高めです。また半年ほどの短期案件が多いので、短い期間で結果が出やすいので初めて投資する方におすすめだと思います。

■こんな方におすすめ

とりあえず始めてみたい。結果を早く出したい。

公式サイト:クラウドバンク

OwnersBook

オーナーズブックはリスクが低いことで人気があるソーシャルレンディングサービスです。

特徴は・・・

・利回りは低め
・すべての案件に担保がついている

オーナーズブックは案件が少なく人気があるゆえになかなか投資できないというデメリットがあります。

投資が始まれば2・3分で満額を迎え募集が終了してしまうので、投資するのに結構ハードルがあります。

■こんな方におすすめ

安定した運用をしたい。18時にスタンバイして申し込みできる方。

公式サイト:OwnersBook

クラウドクレジット

クラウドクレジットは投資先が海外の消費者ローンや事業者ローンなどとなっているソーシャルレンディングサービスです。

特徴は・・・

・利回りが高め
・案件が豊富
・リスクが高め

利回りが10%前後の案件も多く、ソーシャルレンディングサービスの中ではトップクラスの利回りを誇ります。投資できる案件の数も豊富ですので投資には困らないと思います。

リスクに関しては上記2つと比べるとリスクは高めで、利回りが高く長期運用の案件のほうがリスクが高くなる傾向にあるようです。

それでも貸し倒れはまだ一度も起きてないというのも事実です。

■こんな方におすすめ

リスクが上がっても高い利回りを目指したい方。

公式サイト:【クラウドクレジット】

いかがでしたか

ソーシャルレンディングは投資ですので損する可能性はあります。

ですが、ほとんど増えもしない定期預金に預けておくだけなら、リスクを背負ってでもなにか投資したほうがいいのではないかと思いましたので、こういう記事を書かせていただきました。

もちろん投資するのはソーシャルレンディングでなくても構いません。

つみたてNISAやロボアドバイザーなど他にも投資方法はたくさんあるので、自分で調べてみるのもいいかと思います。

ただ今回はソーシャルレンディングが一番始めやすいかと思い、ソーシャルレンディングを紹介させていただきましたので、よかったら参考にしてもらえたらと思います。