オーナーズブックの評判【20万円投資してみた・1年間の運用実績も公開】
基本情報
運営会社
ロードスターキャピタル株式会社
本社所在地
東京都中央区銀座2丁目6番16号 ゼニア銀座ビル6F
サービス開始時期
2014年9月~
利回り
4.5%~14.6%
最低投資額
1万円~
手数料
・投資口座への振込み・・・ユーザー負担
・払戻しにかかる費用・・・300円(+消費税・地方消費税)
公式サイト
OwnersBook

OwnersBook(オーナーズブック)の評判

OwnersBook(オーナーズブック)は2014年9月にロードスターキャピタル株式会社がサービスを開始したソーシャルレンディングサービスです。投資先はすべて不動産となっており、不動産のプロが厳選する案件に投資することができます。

予定利回りは2018年8月現在最近の案件では4~7%ほどで、5%前後の案件が多いです。

オーナーズブックの評判はソーシャルレンディングサービスの中でもかなり良いほうです。ではどんなところが評価されているのか見ていきましょう。

すべての案件に担保付き

オーナーズブックの不動産案件にはすべて担保がついており、万が一貸し倒れが起きたときでもある程度の金額を回収できる可能性が高いです。

なぜある程度の金額を回収できる可能性が高いかというと、オーナーズブックのプロフェッショナルなメンバーが担保の査定をして、もし万が一何かあった場合でも、最低でも80%の評価額になるような担保を選んでいるからだそうです。

当然80%では20%足りないですが、そのあたりはオーナーズブックがなんとかして、投資家には元本と利息の返済が何とかなるだろうというところを基準にして担保を選んでいるようです。(このことについて詳しくはクラウドファンディングセミナー 2017年8月30日開催(初心者向けコース・後半)の動画で語られています)

貸し倒れ・延滞

2014年9月からサービスを開始していますが、2018年8月10日現在貸し倒れや延滞はまだ一件も発生していません。約4年間の間で一度も貸し倒れや延滞が発生しておらず、健全な運営が行われていることの証明になると思います。

一度も貸し倒れや延滞が起きていないからといって、今後貸し倒れや延滞が起こらない可能性がないというわけではありません。

ただ実績というのはソーシャルレンディングサービスの信頼度になりますから、すでに延滞などを起こしているソーシャルレンディングサービスよりも全然信頼できると思います。

プロフェッショナルなメンバー

オーナーズブックでは不動産のプロフェッショナルなメンバーが揃っており、様々な資格を持っている方が多く、経験豊富な方が多いです。

不動産・ファイナンス・法律関係の有資格者一覧(2017年8月30日現在)

・不動産鑑定士:5名
・公認会計士:1名
・弁護士:1名
・米国不動産鑑定士:1名
・英国不動産鑑定士:1名
・CMA(日本証券アナリスト協会検定会員):1名
・CFA協会認定証券アナリスト(米国証券アナリスト):1名
・不動産証券化協会認定マスター:5名
・ビル経営管理士:3名、公認不動産コンサルティングマスター:1名
・宅地建物取引士:15名

財務状況を公開

オーナーズブックの公式サイトの会社紹介のページで財務状況が公開されており、年単位で会社の財務状況が紹介されています。

財務状況は毎年右肩上がりで、経営が順調なことが伺えるかと思います。

具体的な数字も公開されています。

利回りが高くなることも

オーナーズブックの利回りは大体4.5%~5%ほどの案件が多く、ソーシャルレンディングサービスの中ではそこまで利回りが高いものではありません。

ただオーナーズブックの公式サイトを見てみると実績利回りは4.5%~14.6%とかなり差があるものとなっています。

ではなぜこんなに差があるものとなっているかというと、返済が期限よりも早くが終わり、期限前返済となり利回りが高くなることがあるようです。

例えば12ヶ月で満期の案件が7ヶ月で全額返済した場合、運用期間は12ヶ月ではなく7ヶ月となり、その繰り上がったぶん利回りが高くなります。

ですので5%ほどの案件が14%程になることもあるようです。

ログインアラートが起こる

いつもと違う環境でログインした場合、ログインアラートがメールで送られてくるので、万が一不正ログインにあった場合でもすぐに分かるようになっています。

実際に届いたメール↓

こんな感じでメールが届きます。

実際に利用してみた感想

実際に口座開設して利用してみてまず思ったのが人気の高さです。なぜそう思ったかというと投資の募集が始まればすぐに満額となり募集が終了してしまったからです。

18時開始の案件があったので、申し込んでみようと思っていたのですが、19時前にログインしてマイページを見たところすでに募集は終了済みでした。

ということでかなり人気があるということだと思います。ただ人気が高いとなかなか投資するのは難しいところですが、オーナーズブックでは予め何時に募集を開始しますという情報がメールで来るので、スタンバイしておけばちゃんと投資できるかと思います。

あと思ったのがかなり初心者向きだと思いました。何故初心者向きだと思ったかというと、口座開設して投資家登録すると、初心者向けの情報をメールで何通か送ってきてくれました。

抵当権のことや極限度のことなど、ソーシャルレンディングに関する基礎知識のことがメールでちょくちょく送られてきたので、初心者の方でも始めやすいかなあと感じました。

また過去の初心者向けのセミナー動画もメールの下の方に張り付いているので、初心者の方がかなりとっつきやすいなあという印象を受けました。(セミナー動画は公式サイトでも見れます)

あと最低投資額も1万円と低いので、初心者でも始めやすいかと思います。実際にオーナーズブックでは、投資家の約4割が累積投資金額10万円以下となっており、少額で投資している方も多いです。

人気がありすぎて投資できない?

ソーシャルレンディングサービスの中ではリスクが低く、とても人気があるオーナーズブックですが、人気がありすぎて投資できないという声も多いようです。

実際に私も前回1時間後で申し込めなかったので、今度はスタンバってみました。

18時申し込みでしたので18時にサイトに訪れ申し込んでみました。当然この時にはまだ募集中で、金額を入力して申し込み作業を進めていたのですが、同意書を読むところがあり、初めてということで軽く目を通すぐらいですが読みました。

そして同意して、取引用パスワードを入力して申し込んでみたら、募集完了の文字が・・・

ここまでの時間わずか3分。たったの3分で募集が終了してしまったのです。てゆうかこれみんな同意書読んでないですよね。同意書読んでたら申し込めないですね。

信頼度が高く人気があることはいいことですが、申し込めないのでは意味ないですね。ひょっとしたら同意書は募集前から読めるのかな。それでしたら申し込めなくはないですが、オーナーズブックで申し込むには確実にスタンバっておく必要がありそうです。

ただ狙い目の案件もあるようで、それは金額が高い案件です。金額が高ければ申し込める人数も増えるので、チャンスは高くなると思います。当然今回も申し込んでいる方もいるので、別に申し込めないわけではありませんが、かなりライバルが多いということは理解しておきましょう。

ではみなさまの健闘を祈ります。私も再チャレンジしてみます。

申し込めました。

3度目のチャレンジでやっと申し込めました。じゃん!!

なんとか申し込めてよかったです。ちゃんとスタンバイしてサクサク申し込めば申し込めますね。今回は4千万円ほどのあまり大きくない金額でしたが申し込めましたので、億越えの案件になればもう少し申し込みやすいのかなあと思います。

ただスタンバイはしないと無理でしょうね。今回も1分後ぐらいには募集は終了していましたし、少し遅れてからサイトに入るとページが重くなっててなかなか入れませんので、申し込むにはスタンバイが必要です。

いつも18時募集ですので、この時間にスタンバイができない方は申し込みは無理だと思います。

開始時間非公開案件もある

オーナーズブックで案件の募集がある場合は、基本的に18時に募集開始ですが、ネットワークの混雑回避を主な目的として、募集開始時刻が非公開の案件もあります。

開始時刻が非公開なので、18時開始の案件より投資しやすいと思いますが、何日かは分かるものの、何時に開始かわからないので、投資したい場合頻繁にチェックする必要があります。

ただ非公開案件でもおそらく割とすぐ満額となり、募集が終了してしまうので、投資するのは容易ではないかもしれません。

抽選方式案件もある

通常の募集方法の他にも抽選方式の案件も登場するようになりました。抽選方式とは以前のように早いもの順で申し込めるわけではなく、一定の期間募集しており、その中から抽選で申し込めるというものです。

抽選方式の利点は、みんな平等に申し込めるという点です。

通常の早いもの順の場合だと、早く申し込める人だけ投資出来ていましたが、抽選方式は申し込みのスタンバイをしなくても抽選ですが申し込めるようになり、これまで投資できなかった方でも十分チャンスを持てるようになりました。

【総額20万円投資】1年間の運用実績を公開


1年間の運用実績はこんな感じになりました。

2018年の9月に3万円投資して13カ月運用の案件でしたが、5ヶ月で早期返還となり満期を迎えました。あとは、2018年12月に17万円投資して今もまだ運用中です。

オーナーズブックは毎月分配金が支払われるわけではなく、四半期に一度分配金が支払われるので、あまり分配金は多くないです。

とりあえず1年間運用してみて思ったのは、投資がしにくい、ほんとこれだけです。

通常募集ではスタンバイしないと絶対応募できませんし、時間非公開の場合も募集がいつも終了済みになっていました。

最近になって抽選方式の案件も出てくるようになったので、投資できる機会が増えるかもしれませんが、とにかく投資がしにくく、早期返還で3万円お金が戻ってきましたが、新たに投資することができず、ずっと宙に浮いていました。

1年間やってみた結果おすすめはできますが、メインにするのはしんどいという感じですかね。安定度はかなり高いソーシャルレンディングサービスですので、やってみるのはおすすめですが、やはり案件数の少なさが厳しい感じですね。

私も投資できそうでしたら投資しますが、正直スタンバイしたりして頑張ってまで投資しようとは思いません。

ですので口座を持っておいて損はないとも思いますが、投資できる時だけ投資するという感じですかね。最近は抽選方式の案件も増えてきましたので、こちらを狙って投資していこうかと思います。

■これまでの投資額:200,000円(2018年9月~)
■これまでの分配金:4,927円(2019年10月31日現在)
■公式サイト:OwnersBook

口座開設に必要なものと参加条件

口座開設の前に参加条件と必要なものを確認しておきましょう。

1.申請段階で20歳以上75歳未満の方
2.『OwnersBook』の審査を通過した方

※75歳以上の方と法人を場合は個別対応になるので、問い合わせてくださいとのことです。必要なものは本人確認書類です。

・運転免許証(表面・裏面)
・健康保険証(表面・裏面)
・個人番号カード(顔写真のある表面・裏面)
・パスポート(顔写真掲載ページ・住所記載ページ)
・外国人登録証明書等(表面・裏面)

以上のいずれかで、氏名・現住所の確認が行えるものを用意してください。

口座開設の流れ

まずオーナーズブックの公式サイトに行ったら、「無料で投資家登録する」をクリックします。

会員登録ページに行くのでメールアドレスを入力して、「サイト利用規約及び個人情報の取扱いに関する同意書」を読んで同意できたらチェックを入れ、「登録する」をクリックします。(FacebookとYahoo! JAPAN IDでも登録できます)

入力したメールアドレスに「会員メールアドレス確認専用URLのお知らせ」というメールが届くので、「会員メールアドレス確認専用URL」をクリックします。

会員登録ページに行くので、名前の入力やパスワードなどを決めて、「登録する」をクリックします。

すると「会員登録が完了しました!」と出るので、「投資家申請はこちら」をクリックします。(登録メールの届くのでそちらからでも投資家申請できます)

投資家申請のページに行くので、個人情報、支払用パスワード、投資経験などを入力し、確認事項を読んでチェックを入れたら「次へ」をクリックします。

確認ページに行くので、問題がなければ「次へ」をクリックします。

次は本人確認書類を提示するページに行き、「ファイルをアップロードする方法」と「メールで送付する方法」と「郵送で送付する方法」の3パターンがあるので、好きな方法で本人確認書類を提示できます。今回はファイルをアップロードする方法でやっていきます。

では本人確認書類をファイルに添付したら「次へ」をクリックします。

確認ページに行くので、問題がなければ「この内容で申請する」をクリックします。すると「投資家申請が完了しました!」と出て、「投資家申請受付完了のお知らせ」というメールが届きます。数日後に簡易書留のハガキが届く見たいですので待ちます。

二日後。「簡易書留を発送しました」というメールが来ました。審査には通ったようです。ではまた待ちます。

数日後。簡易書留でハガキが届きました。口座開設は完了です

あとは入金して投資するだけですので、この後入金の流れをやっていきます。

入金の流れ

振込の方法は銀行振り込みです。振込先は投資家完了メールに記載されているのとログインページで入金するをクリックすると表示されるのでそちらで確認してください。

今日は金曜日の夜で振込ができないので、また月曜日にでも振り込んでみます。

月曜日に振り込んでみました。ただ現在は22時27分ですので振り込まれるのは明日になると思いますので、確認はまた明日します。

次の日。8時51分に「ご入金確認のお知らせ」というメールが届いていました。ではマイページで確認したいと思います。

ちゃんと3万円振り込まれてました。あとは投資するだけですのでここで終わりです。