ロボアドバイザーとは・リスク・税金のことなど簡単に説明してます

投資初心者の方でロボアドバイザーって何、と思った方も多いのではないでしょうか。確かにロボアドバイザーってなんだよって感じの言葉ですよね。

簡単に言うとロボットが投資のアドバイスをしてくれるということなんですが、投資初心者でも知識も手間もいらないということで、最近人気の投資方法です。

お金を口座に預けておくだけでロボットが勝手に資産運用してくれるので、投資の知識も一切必要ありませんし、ほっとけば資産運用してくれるので時間もかかりません。

何それ、すげーじゃん、って思ったあなた、これほんとにすげーです。私もロボアドバイザー初めて2週間ほどで、10万円預けて4千円ぐらい増えてました。

これを見た私はロボアド天才だななんて思いながら、パソコンの画面を見ながらニヤニヤしたものです。

リスクはないの?

リスクはないのと思ったあなた、ロボットとはいえ完璧ではありませんので損することもあります。先程2週間で4千円ほど増えたといいいましたが、2週間のうち4日はマイナスでした。

未来のことは流石にロボットでもわかりません。人間が作ったものですからね。

ただこれまでの経験を踏まえたロボットなので、長期的に見ていくと利益を出せる可能性が高いんです。

この世にリスクのない投資などありません。リスクのない定期預金などもありますが、あれは投資ではありませんし、昔はよかったらしいですが現在では金利は高くても0.2%程ですので、銀行口座に預けておいても雀の涙程度にしかなりません。

実は私もはじめは定期預金をしていましたが、なんか全然増えなくて虚しくなって、他になんかいい方法はないかなと思いました。そんなときに知ったのがロボアドバイザーでした。

それでこれなら投資知識がない私でもできるんじゃないかなと思い始めてみました。この記事を書いているときはまだまだ始めたばかりですが、少しずつ積み立てていこうと思っていますし、今後が楽しみです。

長期投資することでリターンが安定し、リスクを減らせる

ロボアドバイザーは長期投資することでリターン(投資によって得られる損益)が安定し、損するリスクが低くなります。

1年単位で見ると、大きな利益が出たり、大きな損失が出ることもありますが、5年、10年、15年と長期投資することでリターンが安定し、長い目で見れば見るほど1年あたりのリターンも安定してきます。

ですので1、2年ほどの短期運用を考えている方には、ロボアドバイザーはあまりおすすめではないと思います。最低でも5年、できれば10年、20年と運用を考えている方におすすめだと思います。

1、2年ほどの短期運用を考えているのであれば、ソーシャルレンディングのほうがおすすめかと思います。

ソーシャルレディングについて詳しく見る

どのぐらい儲かる?

実際どのぐらい儲かるんかというところは一番重要なところだと思います。ソーシャルレンディングでは利回りが決められているので、おおよその利益は想定できますが、ロボアドバイザーは何も決められていることはないので、いくら儲かるのは神のみぞ知るというところです。

ただこれまでの結果から、ロボアドバイザーを運営している会社ではこのぐらい儲かるのではないかという数字は、比較的具体的な数字が出ています。

預かり資産NO1のWealthNaviでは、これまでの結果から年間4~6%ほど増えるのではないかという具体的な数字を出しており、これぐらい儲かることが想定されています。

ただここで勘違いしてはいけないのが、1、2年程の短い運用期間では、4~6%の数字が大幅にずれることもあるということです。

あくまで4~6%とは長期運用したときの平均値であり、短期間の運用であればこの振り幅は大きくなってしまいマイナスになってしまう可能性も高くなります。

実際にどのぐらい儲かるかということはわかりませんが、WealthNaviではノーベル賞を受賞した運用方法を採用しており、どのぐらい儲かるかある程度想定されています。

このことについてはWealthNaviのセミナー動画で紹介されています。

ウェルスナビ資産運用セミナー

一括投資と分散投資

ロボアドバイザーで投資を始めると、初めにある程度のお金を投資する「一括投資」と、毎月少しずつ積み立てていく「分散投資」という方法があります。

特にどちらがおすすめということはありませんが、リスクを抑えるなら「分散投資」にするのが無難です。

分散投資のほうが安定したリターン受けられやすく、安定はしやすいです。

ただ一括投資に比べると儲けが出るとき少なくなる可能性があります。その分損失も少なくて済みますので、初心者には分散投資がおすすめだと思います。

【ロボアドバイザー】一括投資と分散投資のどちらがいい?

税金について・確定申告は必要?

ロボアドバイザーでかかる税金は一律20.315%です。(内訳、所得税15.315%、住民税5%)

ここで通常であれば確定申告が必要になるのですが、ロボアドバイザーで口座開設するとき、「特定口座(源泉徴収あり)」、「特定口座(源泉徴収)なし」、「一般口座」の3つのタイプから口座開設します。

この時に「特定口座(源泉徴収あり)」を選んでおけば、自動的に源泉徴収してしてもらえ、確定申告をする必要はありません。

「特定口座(源泉徴収)なし」と「一般口座」を選んだ場合は、確定申告が必要になります。

ロボアドバイザーの利益は雑所得となりますが、雑所得の合計が20万円以下であれば、基本的には所得税を申告する必要はありません。ただし住民税は20万以下でも申告は必要になりますので、確定申告する必要があります。

私が利用しているロボアドバイザー

私が利用しているロボアドバイザーの紹介です。自分で調べて評判の良かったところを利用しています。

WealthNavi(ウェルスナビ)

2016年7月からサービスを開始している資産運用サービス。最低投資額は10万円からと少し高いものの、サービス開始から2年で運用者数8万人、預かり資産900億を超えている人気のあるロボアドバイザーです。

・最低投資額10万円
・手数料1%(年率・税別・預かり資産が3000万以上の場合は0.5%)

■公式サイト:WealthNavi(ウェルスナビ)
WealthNavi(ウェルスナビ)の評判【実際に投資してみました・実績も公開】

THEO(テオ)

2016年2月からサービスを開始している資産運用サービス。名前の由来は画家のゴッホの弟「テオドール・ヴァン・ゴッホ」から。最低投資額は1万円からとなっており始めやすいです。

・最低投資額1万円
・手数料1%(年率・税別・預かり資産が3000万以上の場合は0.5%)

■公式サイト:THEO
THEO(テオ)の評判【実際に投資してみました・実績も公開】