株式投資型クラウドファンディング「エメラダ・エクイティ」

前回「株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」って何」という記事で株式投資型クラウドファンディングについて軽く触れてみましたが、他にも「エメラダ・エクイティ」という株式投資型クラウドファンディングサービスを発見しました。

エメラダ・エクイティ!!

なんかネーミングかっこよくね。必殺技みたい。なんか意味があるんですかね。

まあそれはいいとして、このエメラダ・エクイティは、株式上場していないベンチャー企業に投資することができるサービスのようです。

投資額は1社あたりに対して1口70,000円から投資することができ、最大で7口490,000円投資することが可能です。

基本情報
運営会社
エメラダ株式会社
所在地
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-8-1 THE MOCK-UP BY PORTAL POINT 407
サービス開始時期
2017年11月~
最低投資額
7万円~
手数料
・入金時は投資家負担
・出金時は無料
・取引手数料は無料
公式サイト
エメラダ・エクイティ

投資の流れはこんな感じ

エメラダ・エクイティの公式サイトに投資の流れが紹介されていたので簡単に説明してみると、口座開設して入金を済ませたら・・・

1.投資したい案件の中から企業に投資
2.案件成立で投資開始
3.投資した企業の情報が届く
4.上場or売却or解散または10年経過

という流れのようです。

まず投資に関しては8日以内でしたら応募の撤回ができるみたいなので、もし気が変わったら投資してから8日以内であれば投資をやめることができます。

案件成立で投資開始になりますが、募集されている案件は目標募集額に届かなければ、案件不成立となります。この際応募した現金は投資口座に返却されます。

投資が開始されると投資先企業の情報(ニュース)が届けられ、投資先企業のその後の状況を知らせてくれるようです。

そして最後は上場or売却or解散または10年経過という結末になります。

上場した場合は投資家は投資先企業の普通株式を受け取り、おそらく投資した額の何倍の価値を得られると思います。

投資した企業が売却されてしまった場合は、投資家は投資先企業の新株予約権を買収企業に譲渡する対価として金銭を受け取ります。この際の金額はどうなるのですかね。投資分は回収できるのかどうでしょう。

最悪のケースは解散または10年経過した場合で、投資先企業が上場または売却されないまま解散あるいは応募後10年間が経過した場合投資が終了となり、投資した金額は戻ってこず、投資した金額がマイナスとなります。

とまあこんな感じのようです。投資して結果出るまでに最長で10年のようで、解散か10年経過して上場できない場合は、投資した額が全てマイナスというなかなか厳しい状況になってしまいます。

ただその分上場すると何倍ものリターンが期待できると思いますので、そう考えるとなかなかリスクの高い投資と言えますね。

詳しくは公式サイトの上部メニューにある、「サービスについて」に記載されているのでそちらをご覧ください。